中東では小型武装無人航空機の使用が急速に進んでおり、多くの場合、市販のドローンから改造されたり、一般に手に入るハードウェアから現地で組み立てられる。それらの用途は、イスラム国グループが戦略ターゲットに周囲を包括した長距離攻撃を行うために最初に投入した戦術的な手りゅう弾投下ドローンをはるかに超えている。

防空システムは、攻撃機や巡航ミサイルよりも、鳥のように小さく低速飛行のターゲットを検知しやすく、それに対処するのに苦労している。このため、小型で即席に作られたUAVにはまだまだ課題が残る。さらに、多くの無人機は明確なソースを特定することが困難または不可能であり、すでに不安定な地域では逆にかく乱させてしまう可能性がある。

しかし、最近の行動は、小型ドローンの使用をさらに盛んにさせ、最小限のコストでどれだけ達成できるかを示している。物体認識と障害物回避を備えた自律型の、妨害を防止できるドローンが市販されている。群れを構成するためのソフトウェアの開発も急速に開発が進んでいる。近い将来、UAVの調整されたグループによる複雑な攻撃が予想される。

同様に、防御性能に対しさらなる努力が重ねられた。これらには、高価値のターゲットの周囲をめぐる、より複雑な多層防御と革新的なシステムの展開が含まれる。9月、米国空軍はレイセオンのマイクロ波UAV兵器「フェイザー」を購入し、「無人航空機システムの脅威に対抗する」ための実用性の評価を受けるために国外に送られている。フェイザーは瞬時に効果をもたらし、弾薬は事実上無料で無制限だ。サウジアラビアは、実際の脅威に対してフェイザーを試験する理想的な試験場かもしれない。

同様に、2018年に配備された米国海兵隊の地上防空システムは、他の手段に加えて、レイセオン・コヨーテの発射筒式ドローンをUAV迎撃機として配備できる。米軍はまた、アンドゥリル迎撃用無人機を取得したと報告されている。これらは、小型UAVに対するミサイルよりも低コストで柔軟性の高いソリューションを提供する。

両方の技術は急速に発展している。中東は、これからも攻撃用、防御用両タイプの小型ドローンの実験場であり、製造地であり続けるだろう。

 
 

The Middle East has seen rapid growth in the use of small armed unmanned aircraft, often modified from consumer drones or locally assembled from commercial hardware. Their use has extended far beyond the tactical grenade-dropping multicopters first fielded by the Islamic State group to now encompass long-range attacks on strategic targets.

Small and improvised UAVs present particular challenges to defenders, as air defense systems have struggled to cope with small, slow-flying targets that register more like birds than strike aircraft or cruise missiles. In addition, many unmanned aircraft are difficult or impossible to attribute to a definite source, making them a destabilizing factor in an already unstable region.

Recent actions are likely to energize builders of small drones, having shown how much they can achieve for minimal cost. Autonomous, and therefore jam-proof, drones with object recognition and obstacle avoidance are becoming commercially available. Swarming software is also developing fast. Complex attacks by coordinated groups of maneuvering UAVs can be expected in the near future.

Similarly, defensive efforts are being be stepped up. These will include more elaborate layered defenses around high-value targets and the deployment of innovative systems. In September, the U.S. Air Force purchased Raytheon’s Phaser high-power microwave counter-UAV weapon and is sending it overseas for evaluation “against unmanned aerial systems threats.” Phaser works at the speed of light, and its ammunition is effectively free and unlimited. Saudi Arabia may be the ideal proving ground to test Phaser against real threats.

Similarly, the U.S. Marine Corps’ ground-based air defense system, fielded in 2018, in addition to other measures can deploy Raytheon Coyote tube-launched drones as UAV interceptors. The U.S. military is also reported to have acquired Anduril interceptor drones. These may provide a solution with lower cost and greater flexibility than missiles against small UAVs.

The technology on both sides is developing rapidly. The Middle East will continue be a testing ground, and even an incubator, for both offensive and defensive small drone warfare.